海外旅行保険をランキング 比較・クチコミで最適な保険を!

HS損保の海外旅行保険 「たびとも」

【特徴】保険料は最安値クラス。補償内容も良いが携行品損害には要注意

旅行代理店のHISグループが所有する海外旅行保険専門の保険会社で、2005年に設立された新しい保険会社。 HISで旅行を申し込みしたときに案内を受けるほか、インターネットでも保険販売をしている。

格安旅行代理店HIS自体がリーズナブルな旅行プランを提供しているだけあって、海外旅行保険の価格もかなり安くほぼ最安値クラス
行き先が台湾・韓国のときは特に安い。

以前は「保険対象は15日までの旅行まで」という制限があったが、最大31日まで拡大された。

契約は3タイプから選択可能で、一番高いタイプでは治療費用を無制限に設定することも出来るので、医療費が高額なアメリカ旅行の際はその選択価値はある。
またグループ旅行の場合、最大10人までまとめて申し込めるグループプランがあるのが特徴(ファミリープランはあっても、一般的にグループプランはあまりない)

このように補償内容・保険料ともに充実した海外旅行保険であるが、一方で保険金支払いに対して不満の評価をされる利用者もよく見られる。
サポート体制がよくないというよりは、他社と比較して細かい部分で補償対象外とされてしまう事項がいくつかあるようだ(特に携行品損害)。

2018年8月には、3000円の自己負担額が設定され、さらに携帯電話やスマホは携行品損害の対象外となるなど、補償範囲が変更された。

HS損保の海外旅行保険「たびとも」
料金の試算・申し込み

保険の例 ハワイに6日間旅行の場合

P1タイプ(個人)で加入。保険料:2,290円
傷害死亡 1,000万円
治療・救援費用 1,000万円
後遺障害 1,000万円
疾病死亡 1,000万円
賠償責任補償 1億円
携行品損害 30万円
航空機寄託手荷物遅延費用 10万円
保険料 ★★★★★
サポート力 ★★★☆☆
クチコミ ★★★☆☆
人気度 ★★★★☆
旅行期間 2日~31日以内
所要時間 5分程度
支払方法 クレジットカード払い
申込期限 出発の60日前から当日まで可能
投稿されたクチコミ
投稿者:30代男性/東京都 ★★
今回、アジア旅行のために加入しました。
帰国日当日に長時間に渡るスコールにより、交通機関に大幅な遅延が生じました。
結果として、飛行機に間に合うことができず、1日遅れで帰国しました。

私は万が一のために、保険に加入していたのに、保険が適応されることはなく、「条件外」と判断されました。
飛行機支払いの領収書まで保管し帰国した次の日に相談したにも関わらず、代理店経由ではないと緊急時は適応されないと説明を受けました。忙しい社会人は代理店に出向く時間を作るのも困難な人々もいます。
なぜか携行品(カメラ、精密機械、腕時計など)の盗難が「自己申告でも受け入れられる」と言われ、トラブルに遭遇して領収書まで保管した自分に一切の保険が適応されないのか、理解に苦しみます。
保険を手軽に加入させて、いざ問題が生じても保険金を保証する気がないのかと感じました。
二度と利用したくもなく、友人や知人に勧めることもありません。
非常に残念で不信感だけが残りました。

クチコミを投稿する 料金の試算・申し込み

海外旅行保険一覧ページに戻る