海外旅行保険は空港で入ると損!お得な加入方法とは

空港で海外旅行保険に入る人に教えたいこと
この記事は、「これから海外旅行に行くのだけど、海外旅行保険に加入しておかなくちゃ!」という方向けに書いています。

旅行の出発当日に空港で海外旅行保険に入る人もいますが、実は空港で保険加入すると大きな損をしていることになります。

まず空港で売られている海外旅行保険は料金がとても高い!

同じ保険会社であっても料金がかなり割高に設定されているので、空港で加入する人を見かけるたびに「もったいないなぁ」と思います。 インターネット経由で加入すれば人件費の分が安くなるので、保険会社によっては4~5割安く加入することができます。
私も先日にタイのプーケットに行ってきまして、そのときに羽田空港で売られていた海外旅行保険を比較してみましたので解説しますね。

国際空港別に販売されている保険会社一覧

まずは日本にある国際空港で、販売されている保険会社の一覧を載せておきます。
【日本の主要空港で売られている海外旅行保険】
国際空港 販売されている保険会社
成田国際空港 東京海上日動火災保険
三井住友海上火災保険
損保ジャパン日本興亜
AIG保険会社(旧AIU保険会社)
東京国際空港(羽田空港) 東京海上日動火災保険
三井住友海上火災保険
損保ジャパン日本興亜
AIG保険会社(旧AIU保険会社)
ジェイアイ傷害火災保険
中部国際空港 東京海上日動火災保険
三井住友海上火災保険
損保ジャパン日本興亜
AIG保険会社(旧AIU保険会社)
関西国際空港 東京海上日動火災保険
三井住友海上火災保険
損保ジャパン日本興亜
AIG保険会社(旧AIU保険会社)
ジェイアイ傷害火災保険
大阪国際空港(伊丹空港) 東京海上日動火災保険
福岡空港 東京海上日動火災保険
三井住友海上火災保険
損保ジャパン日本興亜
AIG保険会社(旧AIU保険会社)
ジェイアイ傷害火災保険
新千歳空港 東京海上日動火災保険
AIG保険会社(旧AIU保険会社)
※上に記載した海外旅行保険は自動販売機で販売されているものも含まれています。
詳細は各空港のHP等でご確認ください。

空港で売られている海外旅行保険、どれくらい高いか比較

さて、私が羽田空港でチェックしたのはAIG保険会社と損保ジャパン日本興亜です。

ちなみに私は今回のプーケット旅行では損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険off!に加入していきました。
4泊5日の標準プランで保険料は2,200円でした。

これを空港窓口で同じ損保ジャパン日本興亜を確認すると、なんと

一番安いプランでも4,210円と、ネットの約2倍の価格!

空港で加入する海外旅行保険
(空港でもらった海外旅行保険のパンフレット。アジア5日間は最安でも保険料4,210円)

まさかここまで金額に違いが出てくるとは・・。
逆に考えると、ネットで加入すれば通常の半額で海外旅行保険に加入できるというわけですね。

ここまで料金が違う一番の理由は、そもそも空港で販売されている海外旅行保険は無駄に補償が付きすぎていて、高い保険料が設定されているんです。
その余分な料金が空港に出店している店舗の場所代だったり人件費に流れているのですね。

パンフレット写真にも映ってますが、傷害死亡後遺障害で「8500万円」とかはっきり言って無駄すぎますから(笑)。
保険金目当ての殺人事件ドラマで出てきそうなくらいの高い金額です。

ネットで入るとお得なのは実は価格だけじゃない!

このように空港で海外旅行保険に入るくらいなら、インターネットで割安な価格で加入しておきましょう。
「ネット加入だと保険会社のサポートを受けられないんじゃないの?」という質問をたまにいただきますが、ネットで加入しても補償やサポートサービスは全く同じですので安心してください。

それと、ネット加入のお得なメリットは価格だけじゃないんです。
例えば

自宅から空港までも保険の対象になる!

あまり知られていないことですが、ネットで前もって加入しておくと自宅⇒空港の移動中も保険の対象になるのです。
可能性は低いですが、空港に行く途中でもし何か一大事が起きてしまった時でも保険で対応してもらえます。

出発前に慌てる必要がない。

空港で加入しようとすると、出発直前になるので慌ててしまいがちです。特に旅行シーズンは混んでいるので尚更ですね。
そのため保険会社や保険プランをじっくり比較・検討することができず、加入した保険会社の評判が悪かったことに後で気づくこともあります。

出来ることならネットでクチコミを見るなどして、少しでも良い保険会社から加入するようにしましょう。
ちなみに、このサイトのトップページでも各社のクチコミを載せていますのでよろしかったらご参考にしてください。
海外旅行保険のクチコミ比較ページはこちら

クレジットカードで支払えばポイントも貯められる。

空港での加入の場合、基本的に現金払いのみになります。
ネットで加入する場合はクレカ払いも選べますので、クレカポイントを貯めることが出来ます。
小さなメリットですが、頻繁に海外に行く人は知らず知らずのうちにポイントを貯められます(ちなみに現金払いがしたいという人はAIG保険会社ですとコンビニや銀行ATMなどで支払いもできるので便利です。)。

この記事のまとめ

最後にまとめです。

① 海外旅行保険は空港で入ると高いので、ネットから安く加入したほうが良い!(断言)
② ネットで事前に入っておけば、空港までの移動も保険対象になるのでお得だよ。
③ 各社の海外旅行保険の価格や評判をじっくり比較して、少しでも良い保険に加入するようにしましょう。

ネットを見てると、「海外旅行保険は空港で入ればいいや」という声をよく見かけますが、それって数千円~数万円を無駄に払っていることになります。
それであればネット加入で浮いたその分をお土産代や現地での食事代に回して、少しでも楽しい時間を現地で過ごせたらよいのではないでしょうか。

納得できる入り方で、適切な保険を賢く選びましょう。

よく読まれている海外旅行保険コラム

海外旅行保険の評価・口コミ投稿一覧

評判No.1

人気の理由は保険料の安さと高いサービス力

損保ジャパン日本興亜の
「新・海外旅行保険off!」

保険料 ★★★★★
サポート力 ★★★★☆
クチコミ ★★★★☆
人気度 ★★★★★

国内大手保険会社の損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険。 窓口で加入するよりもネットでダイレクトで加入したほうが30%ほど安く加入することができる。

続きはこちら

評判No.1

事故対応力やサービス力はNo1の評価

AIG保険会社 海外旅行保険

保険料 ★★★☆☆
サポート力 ★★★★★
クチコミ ★★★★☆
人気度 ★★★★☆

外資系大手のAIG保険会社(旧AIU保険)。海外での事故対応力やサポート力には定評があり、当サイトの調査でも満足度は一番の評価だった。

続きはこちら

評判No.1

海外旅行保険の最安値料金を実現

三井住友海上火災保険会社
の海外旅行保険

保険料 ★★★★★
サポート力 ★★★☆☆
クチコミ ★★★☆☆
人気度 ★★★★☆

損保ジャパンと同じくこちらも国内大手の保険会社。 海外旅行保険のネット販売は最近から始まったが損保ジャパンと同水準の安い価格で人気を集めている。

続きはこちら

海外旅行保険一覧ページへ