日本人夫婦がハワイ旅行中に暴行され入院。病院から800万円超の医療費を請求される。

ハワイのカアココ地区で旅行中の日本人夫婦が暴行される
(現地で放送されたTVニュースの画像)

2018年5月、家族旅行でハワイを訪れていた日本人夫婦が薬物中毒者に襲われる事件がありました。
夫は顔面を3か所も骨折し、意識不明の状態で緊急搬送されました。

傷をふさぐ緊急手術が施されましたが、後日にハワイの病院から緊急手術および入院費用として800万円ものお金を請求されたのです

日本人暴行事件の詳細

海外旅行保険には加入していなかった。

被害にあったこの日本人夫婦は過去に何度も家族で海外旅行へ行っていて、そのたびに海外旅行保険に加入していましたが、「今回の旅先であるハワイは安全だ」というイメージがあったため、今回の旅行では海外旅行保険に加入していませんでした。

海外での治療には日本の健康保険が効かないため、800万円もの治療費用を自腹で支払わなくてはいけません

暴行事件が起きた詳しい状況

今回事件が起きたのは、ワイキキから西へ10kmほどの所にあるカカアコ地区にある公衆トイレです。
公衆トイレに入った夫はたまたま薬物中毒者と出くわし、襲われて意識を失いました。
トイレから戻らない夫を心配した妻が公衆トイレへ様子を見に行くと、妻も犯人に突然首を絞められてしまい、その場で気絶してしまいます。

偶然現場に居合わせた現地に住む日本人女性が救急車を手配してくれ、夫には傷をふさぐ緊急手術がされて、翌日に意識が戻りました。

ハワイの病院から800万円の請求書が自宅に届く。

そのままハワイの病院での手術&入院を勧められましたが、治療費として900万円かかるとのこと。
既に緊急手術費用として300万円もかかっていることから、更なる医療費の負担を恐れハワイではなく日本で治療を受けることにしました。

ハワイの医師は反対をしたのですが、入院費用のことが心配だったため体調が非常に悪いなか夫婦は事件の翌日に日本に戻り、夫は日本で手術を受けました(日本での手術費用は30万円ほどで済んだそうです)。

そして帰国から数日後に、ハワイの病院から800万円の医療費の請求書が届きます。
犯人を起訴して医療費を請求しようとしましたが、それもかないません。
旅行会社に助けを求めたものの、「カカアコ地区に行ったのはツアー外での行動」とのことで補償対象外とのことでした。

現地の日本人がクラウドファンディングで治療費を工面。

治療費の支払い期限が迫って苦しんでいたところ、ハワイで救急車を手配してくれた日本人女性から連絡があり、被害にあった夫の治療費をクラウドファンディングで募ってくれることになりました。
クラウドファンディングでは数百万円のお金が集まり、夫婦は治療費の支払いの目処がつきました。

ハワイの医療費は異常なほど高額。海外旅行保険への加入は必須!

この暴行事件はとても痛ましいものでした。
しかし、ハワイの医療事情を考慮すると、高額な医療費の請求は決して珍しいことではありません。

アメリカは世界的に見ても医療費が高額な国の1つであり、ハワイ(特にホノルル)は、アメリカの中でも医療費が高額な地域です。
外務省の海外安全ホームページによりますと、ICUへの入院や手術で1000万円以上かかることもあるようです。

また日本と異なり救急車の利用も有料で、料金は車内での措置内容によって異なりますが、移送だけでも375ドルほどかかります。

外務省の海外安全ホームページにも、次のような記載があります。

「海外旅行中、たとえ万全の注意を払っていても、事件や事故に巻き込まれる可能性はないとは限りません。
また健康に自信があっても、海外では日本と違う環境でのストレスや疲労により、思いがけない病気にかかる可能性もあります。列車やバスなどの交通事故にも、いつどこで巻き込まれるかもわかりません。

こうした予期できないトラブルに備え、海外旅行保険には必ず加入しておくことをおすすめします。実際、海外旅行保険に加入していなかったために、病気やケガ、盗難被害などにより多額の損害を被った日本人旅行者は数多くいます。」

外務省 海外安全ホームページ「海外旅行保険加入のおすすめ」より抜粋

今回の事件ではたまたま現地の日本人女性がクラウドファンディングで治療費を募ってくれたおかげで支払いの目処が立ちましたが、このようなことは滅多にないでしょう。

自分自身を守るためにも、海外へ行く時には必ず海外旅行保険に加入しておきましょう。
インターネットでは海外旅行保険を比較できたり、利用者の評判を掲載しているWebサイトが多くありますから、加入の際にはそれらを活用すると良いですね。
参考サイト海外旅行保険の評価一覧サイト

ハワイを安全に旅行するための心得

ハワイはアメリカの中では治安が良いとされていますが、一般的な犯罪率は低くはありません。観光客を狙う財産犯罪(スリ、ひったくり、置き引きなど)が頻繁に発生しており、多くの被害が報告されています。

目を離した隙に鞄やスマホ、金品が盗まれるケースも多いです。
また女性が狙われるひったくりが多発しており、中には暴力を受ける危険なケースもあります。バッグ類はファッション性よりも安全性を重視したもの(ウエストポーチなど)を使うなどの対策が必要です。

また夜道や公衆トイレなど、人気のないところに行くのは避けましょう。

現地のTVでも事件のことが放送される

この日本人夫婦暴行事件は現地ハワイのテレビ局「KHON2 News」でも取り上げられました。
Youtubeでの公式映像がありましたので、以下に貼り付けておきます。



この事件に対するSNS、ネット上のコメント


https://twitter.com/ruby14rubxy/status/1072700894553067527