オーストラリアに行く方の海外旅行保険の選び方

オーストラリア旅行にお勧めの海外旅行保険と、観光の注意点
(写真は、オーストラリア・シドニーの「オペラハウス」)

豊かな自然が魅力なオーストラリアは、観光客だけでなく留学やワーキングホリデーでも人気の国です。
温暖な気候に加えて、日本との時差がわずか1時間であることも人気の要因です。

オーストラリアの医療技術・衛生面は世界トップクラスですが、手術や入院することになったときにかかる医療費は日本よりもかなり高額なので、海外旅行保険には必ず入っておきましょう

病院間を搬送することになった際の費用も高額になるので、海外旅行保険の医療費補償は最低でも1000万円はつけておくべきです。

また、持ち物(携行品)の補償もあったほうが良いでしょう。
オーストラリアの治安は良いですが、シドニーなど人気の観光地や都市部ではスリや強盗の被害も多数報告されています。
保険に加入するときは、携行品を補償してくれるプランに加入しましょう。

主要各社の海外旅行保険の価格・特長比較

5泊6日(旅行期間6日間)のオーストラリア旅行を想定し、人気4社の海外旅行保険を分析します。 さきほど書いたようにオーストラリアでは「医療補償は最低でも1,000万円は必要」ですので、治療・救援費用補償が1000万円のプランを比較しています。

【オーストラリア旅行5泊6日の場合】
保険会社名 保険料
(価格)
特長 項目別評価
損保ジャパン日本興亜
「新・海外旅行保険off!」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

2,570円(PAプラン) オリコン日本顧客満足度ランキング5年連続第1位を獲得していたり、海外旅行保険ランキングでも第1位となるなど圧倒的な人気のある保険です。

保険料がかなり安いうえに、必要な補償だけに絞って加入するフリープランがあったり、海外旅行保険の第一候補とも言える保険です。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
クレジットカードのみ
三井住友海上火災保険
「ネットde保険@とらべる」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

2,360円(タイプA) 国内大手の保険会社として安くて充実した補償を提供する三井住友海上。

通常は補償対象外となる「歯科治療」に関しても補償されるのが特長。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
クレジットカードのみ
AIG保険会社
(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

5,680円シンプルプラン アメリカを中心に世界各国の医療機関と提携をしているAIG。

インターネット加入タイプの海外旅行は保険料が高めだが、保険期間が31日までであれば持病があっても加入できて、さらに持病まで補償されるので安心。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
・クレジットカード
・コンビニ払い
・Pay-easy払い
※クレカ以外は出発前日までに支払い
ジェイアイ傷害火災保険
「tabiho(たびほ)」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

2,510円(節約プラン) 大手旅行会社JTBグループのジェイアイ傷害火災保険は業界随一の保険料の安さが魅力。

携帯キャリア決済を導入しており、クレジットカードを持たない学生さんも気軽に加入することができる。

持病があっても加入できるが、持病の補償は対象外なので要注意。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
・クレジットカード
・携帯(スマホ)キャリア決済(docomo、au、SoftBank、Y!mobile)

料金(保険料)は各保険会社のHPからの抜粋です

料金(保険料)は各保険会社のHPからの抜粋です


実際にオーストラリアで起きた手術・入院費用例

実際にオーストラリアで起きた治療費事例を紹介します。
入院したり病院間搬送されると、かなり高額な費用がかかります。

腰骨を骨折して手術と6日間入院。299万円の治療費がかかった。

海辺で釣りをしている時、岩場より落ちて腰骨を骨折した。
手術をして6日間の入院をする。
退院後、看護師が付き添いのもと担架で帰国。帰国後も通院治療をした。

子宮内膜症の治療で393万円かかった。

オーストラリア滞在中に激しい腹痛・めまい・吐き気を感じて受診。
子宮内膜症と診断され、6日間入院して手術もした。

肺気胸で18日間入院し、650万円かかる。

呼吸が苦しくなり、咳の症状で受診。
肺気胸と診断され、18日間入院し、手術もした。

エアーズロックで転び大ケガ。胸椎圧迫骨折で388万円かかる。

エアーズロックを観光中に転倒し、顔面を強打してヘリコプターで搬送される。
胸椎圧迫骨折と肋骨骨折と診断され、現地から設備の整った病院へ搬送され、4日間入院した。
家族も現地へ駆けつけた。


オーストラリアの治療費相場

オーストラリア(シドニー)の治療費の相場は次の通りです。下記の金額は目安であり、実際の金額とは異なる場合があります。
また、地域によっても治療費の相場は異なるのでご注意ください。

日本の医療費目安 オーストラリアの医療費目安
個室使用料 3~4万円/日 83,000円/日
ICU使用料 約10万円/日 99,700円/日
虫垂炎(入院2日) 約400,000円
(10割負担の場合)
公立病院:350,500円
私立病院:431,900円
日本への医療搬送費用 - 5,814,200円
(定期便利用、医師・看護師各1名付き添い)

※参照:東京海上日動火災保険「世界の医療と安全2014年」より

医療搬送にチャーター便を利用するとさらに高額になります。保険による備えが必要です。

オーストラリアの治安、衛生について

シドニーの治安について

オーストラリアの治安は比較的良いとされていますが、スリや強盗などに巻き込まれる日本人は多くいます。
中でも、レストランやカフェで食事中にカバンを盗まれるケースが多いようです。

大都市シドニーでは、薬物犯罪や盗難が多いことが特徴です。 特に、キングクロス地区やレッドファーン地区はシドニーの中でも治安の悪い地区なので訪れる場合は気をつけてください。

携帯電話の操作に夢中になりながら歩いたり、女性の方が夜に一人歩きするのは絶対にやめましょう。

【シドニーでの日本人の被害例(外務省が公表したもの)】

[強盗の被害]
午後11時頃、シドニー郊外のホームステイ先に帰宅途中、追いかけてきた男性に旅券等入りのカバンを強奪された。
[盗難の被害]
シドニー市内のレストランで食事をしていたところ,隣の席に置いていた旅券入りカバンを盗まれた。
[盗難の被害]
バックパッカー用ホテルに宿泊していたところ,シャワーを浴びている間に,施錠を忘れた貴重品ロッカーに入れていた財布の現金を盗まれた。

メルボルンやその他エリアの治安や衛生について

オールトラリア第二の都市メルボルンでも、置き引きやスリの被害が総領事館へ多く報告されています。安全だと言われている地域であっても、夜は様子が変わるので、一人歩きはやめましょう。
メルボルン北西部は、特に治安が悪い地域と言われています。

ゴールドコーストやケアンズといった人気の観光地が多いクイーンズランド州は、日本人観光客も多く訪れます。
治安は比較的安全とされていますが、観光客を狙ったスリや置き引きが発生しています。

衛生面に関しては日本と同様に世界最高水準であり、水道水も安心して飲むことができます。
街中もとてもきれいで、ゴミのポイ捨てが見つかると罰金を科せられることもあります
ポイ捨ては絶対にやめましょう。

オーストラリア旅行・滞在で気をつけること

VISA申請や入国審査

オーストラリア旅行へ行くときは、短期の旅行であってもビザが必要です。
電子申請となるので、出発前に忘れずに申請しましょう。

またオーストラリアの入国審査は厳しく、野菜や果物、肉製品や乳製品だけでなく、加工食品の持ち込みも禁じられています。 持ち物には気をつけてください。

罰金システム

日本では罰せられない行動であっても、罰金を科せられることもあります。
さきほど書いたゴミのポイ捨て以外にも、場所によってはビーチでの飲酒で罰金を科せられます。
「歩行者の信号無視」や「交通機関で席や設置物に足を乗せる」等、ついうっかりやってしまったことで罰せられることもあるので注意しましょう。

日本とは大きく違う、オーストラリアの独特な医療システム

日本では「目の調子が悪いなら眼科」「耳の調子が悪いなら耳鼻科」というように、最初から専門医で受診することができますが、オーストラリアではまず「GP(General Practitioner/総合診療医)」を受診する必要があります。
これは観光客も同様です。

GPを受診し、GPが必要と判断した場合に精密検査や専門医の受診ができます。
救急時であれば直接専門医へ行くこともできますが、緊急性が低いと判断されれば診察が後回しになったり、GPの受診を勧められることもあるのでご注意ください。

海外旅行保険の加入が義務化される方針

オーストラリアでは、保険未加入の外国人観光客による医療費未払いが問題となっています。
未払いとなった医療費はそのままオーストラリアの負担になっており、シドニーのあるニューサウスウェールズ(NSW)州では外国人観光客に対して保険加入の義務化を進めています
(日本でも同じように、外国人観光客の医療費踏み倒しが問題視されています)。

自分自身のためだけでなく他国に迷惑をかけることがないよう、海外旅行保険には必ず加入してから渡航するようにしましょう。

最後にこの記事のまとめ

  • オーストラリアの医療費は高いので、海外旅行保険には必ず加入しておくこと
     (いずれ海外旅行保険の加入が義務化されるかもしれない)
  • ・保険の治療費補償は1000万円は欲しい。携行品補償もあると良い。
  • ・治安は全体的に良いが、日本と同じ感覚でいると危険。
  • 入国審査、罰金制度、医療制度など日本と異なる点が多いので注意。

よく読まれている海外旅行保険コラム

海外旅行保険の評価・口コミ投稿一覧

評判No.1

人気の理由は保険料の安さと高いサービス力

損保ジャパン日本興亜の
「新・海外旅行保険off!」

保険料 ★★★★★
サポート力 ★★★★☆
クチコミ ★★★★☆
人気度 ★★★★★

国内大手保険会社の損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険。 窓口で加入するよりもネットでダイレクトで加入したほうが30%ほど安く加入することができる。

続きはこちら

評判No.1

手厚い補償と高いサービス力を提供

チャブ保険の海外旅行保険

保険料 ★★★★☆
サポート力 ★★★★★
クチコミ ★★★☆☆
人気度 ★★★★☆

外資系大手の保険会社で治療費用無制限プランなど手厚い保障を受けたい方向け。旅行会社からの評価が高く、ここのセットプランに入っておけば補償は十分。

続きはこちら

評判No.3

事故対応力やサービス力はNo1の評価

AIG保険会社 海外旅行保険

保険料 ★★★☆☆
サポート力 ★★★★★
クチコミ ★★★★☆
人気度 ★★★★☆

外資系大手のAIG保険会社(旧AIU保険会社)。海外での事故対応力やサポート力には定評があるり、当サイトの調査でも満足度は一番の評価だった。

続きはこちら

海外旅行保険一覧ページへ