クロアチア旅行に必要な海外旅行保険とは

クロアチア旅行にお勧めの海外旅行保険と、観光の注意点
(写真は、「アドリア海の真珠」と言われるドブロブニク)

ジブリ映画のモデルとなったともいわれるドブロブニク等の影響で、クロアチアはヨーロッパの中でも人気が上がってきています。 私も昨年10月にクロアチアを旅行で周ったので、そのときに感じたことも含めながら解説します。

クロアチアの治安は他のヨーロッパ諸国と比べて良いものの、スリ・置き引きに遭うケースは多く発生しています。

また、クロアチアは医療費も高い国です
プリトヴィッツェ、スプリット、ドブロブニクと観光名所が北から南まで点在しており、首都のザグレブ以外の地方で何かあったときには救急ヘリで搬送される可能性もあります。

このような治安情勢について外務省でも保険加入を進めています。

【外務省「海外安全ホームページ」より抜粋】

クロアチアの主な病院ではクレジット・カードが利用できますが、日本で治療を受ける場合と比べて高額な支払いとなる場合が多いので、渡航にあたっては十分な補償内容の海外旅行保険への加入をお勧めします

このことから、海外旅行保険の治療・救援費用は1000万円は必要でしょう
十分な治療費用をまかなうことができ、携行品保障がついているプランを選びましょう。

主要各社の海外旅行保険の価格・特長比較

5泊6日(旅行期間6日間)のクロアチア旅行を想定し、人気4社の海外旅行保険を分析します。
「クロアチア旅行には医療補償は最低でも1,000万円は必要」と考え、治療・救援費用補償が1000万円のプランを比較しています。

【クロアチア旅行5泊6日の場合】
保険会社名 保険料
(価格)
特長 項目別評価
損保ジャパン日本興亜
「新・海外旅行保険off!」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

2,570円(PAプラン) オリコン日本顧客満足度ランキング5年連続第1位を獲得していたり、海外旅行保険ランキングでも第1位となるなど圧倒的な人気のある保険です。

保険料がかなり安いうえに、必要な補償だけに絞って加入するフリープランがあったり、海外旅行保険の第一候補とも言える保険です。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
クレジットカードのみ
三井住友海上火災保険
「ネットde保険@とらべる」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

2,360円(タイプA) 国内大手の保険会社として安くて充実した補償を提供する三井住友海上。

通常は補償対象外となる「歯科治療」に関しても補償されるのが特長。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
クレジットカードのみ
AIG保険会社
(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

5,680円シンプルプラン アメリカを中心に世界各国の医療機関と提携をしているAIG。

インターネット加入タイプの海外旅行は保険料が高めだが、保険期間が31日までであれば持病があっても加入できて、さらに持病まで補償されるので安心。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
・クレジットカード
・コンビニ払い
・Pay-easy払い
※クレカ以外は出発前日までに支払い
ジェイアイ傷害火災保険
「tabiho(たびほ)」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

2,400円(節約プラン) 大手旅行会社JTBグループのジェイアイ傷害火災保険は業界随一の保険料の安さが魅力。

携帯キャリア決済を導入しており、クレジットカードを持たない学生さんも気軽に加入することができる。

持病があっても加入できるが、持病の補償は対象外なので要注意。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
・クレジットカード
・携帯(スマホ)キャリア決済(docomo、au、SoftBank、Y!mobile)

料金(保険料)は各保険会社のHPからの抜粋です


実際にクロアチアでかかった治療費用の事例

次にクロアチアで起きた治療費用事例を紹介します。

観光地で転倒して骨折。3日間の入院で750万円。

国立公園を観光中に転倒し、坐骨骨折で3日間入院。家族が現地に駆けつけた。

脳梗塞で入院&医療搬送。638万円の治療費。

クルーズ中に足がふらつき、眩暈、嘔吐の症状で病院を受診した。
脳梗塞と診断され 17日間入院することになった。
看護師が付き添い、チャーター機で医療搬送した。


クロアチアの医療費用の相場

クロアチアでの主な医療費・治療費の相場をご紹介します。

日本の医療費目安 クロアチアの医療費目安
初診料 2,820円 10,000円~14,900円
個室使用料
(1日あたり)
3~4万円 [公立病院] 約7,900円
[私立病院] 約12,900円
虫垂炎手術の治療費 600,000円 [公立病院] 約74,300円
[私立病院] 約94,100円
日本への医療搬送費用 - 約2,814,400円
(ストレッチャー使用、定期便利用、
付き添い医師1名、看護師1名)

※参照:東京海上日動火災保険「世界の医療と安全2014年」より

クロアチアの治安や衛生事情について

クロアチアではテロが今まで発生したことがなかったりと、一般的にイタリアなどの有名な国よりは治安が良いと言われています。

とはいえ、観光客を狙ったスリ・置き引きには注意が必要です。

日本人がカバンから財布を抜き取られるというケースも多数報告されているので、貴重品は死角となる場所にしまわないようにしましょう。

また水道水には石灰成分が多いため、飲んでしまうとお腹を壊してしまうことがあるので、ミネラルウォーターを購入して水分補給をするようにしましょう。

そのほかにクロアチア旅行で注意すること

人混みにはスリに気をつける

スリ被害の主な発生場所は、観光客が多数訪れる場所です。

特に以下の場所での被害例は多く報告されているので、観光の際は特に注意しましょう。
・ザグレブ イェラチッチ総督広場
・プリトゥヴィツェ湖群国立公園 ヴェリキ滝
・スプリット ディオクレティアヌス宮殿
・ドゥブロヴニク 旧市街

タクシーの利用について

クロアチアではぼったくりタクシーも存在します。

電車やバスの移動が一般的なので多く利用する機会はありませんが、使う際には事前に区間の相場を必ずネットで調べましょう。

私がドブロブニクで利用した際は、乗車前に運転手に金額を確認して使用したところ問題なく通常通りの値段で利用できました。

北部と南部の気温差

首都ザグレブから南部のドブロブニクまで直線距離で400kmと、日本で東京都から岩手県ほどの距離となり、夏以外の時期は特に気温差があります。

それに加えて北部は大陸性気候のため一日の中でも気温差がありますので、簡単に温度調整出来るような服を準備するとよいでしょう。

隣国に行くときにはパスポートが必須

クロアチアはEU加盟国ではあるものの、未だシェンゲン協定圏に入ってません。

イタリアやスロベニア、モンテネグロなど隣国に行く際は、パスポートを持っていないと出国入国ができませんのでパスポートの持参を忘れないようにしましょう。

【シェンゲン協定とは】
シェンゲン協定とはヨーロッパの26カ国が結んだ、国から国への移動の際に国境検査を受けずに済む協定です。クロアチアはこの協定には入っておりません。

最後にこの記事のまとめ

  • 治療費が高いため、海外旅行保険の加入は必須です。
  • ・観光地でスリや置き引きが多いので気をつける。
  • ・ぼったくりタクシーも走っているので要注意。
  • ・北部と南部は気候が異なり、気温差が大きい。

よく読まれている海外旅行保険コラム

海外旅行保険の評価・口コミ投稿一覧

評判No.1

人気の理由は保険料の安さと高いサービス力

損保ジャパン日本興亜の
「新・海外旅行保険off!」

保険料 ★★★★★
サポート力 ★★★★☆
クチコミ ★★★★☆
人気度 ★★★★★

国内大手保険会社の損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険。 窓口で加入するよりもネットでダイレクトで加入したほうが30%ほど安く加入することができる。

続きはこちら

評判No.1

手厚い補償と高いサービス力を提供

チャブ保険の海外旅行保険

保険料 ★★★★☆
サポート力 ★★★★★
クチコミ ★★★☆☆
人気度 ★★★★☆

外資系大手の保険会社で治療費用無制限プランなど手厚い保障を受けたい方向け。旅行会社からの評価が高く、ここのセットプランに入っておけば補償は十分。

続きはこちら

評判No.3

事故対応力やサービス力はNo1の評価

AIG保険会社 海外旅行保険

保険料 ★★★☆☆
サポート力 ★★★★★
クチコミ ★★★★☆
人気度 ★★★★☆

外資系大手のAIG保険会社(旧AIU保険会社)。海外での事故対応力やサポート力には定評があるり、当サイトの調査でも満足度は一番の評価だった。

続きはこちら

海外旅行保険一覧ページへ