香港に行く方の海外旅行保険の選び方

香港に行く方の海外旅行保険の選び方
(写真は、香港の夜景)

夜景で有名な香港は、高層ビルが立ち並ぶ合間に中国の伝統的な寺院も見られるなど、独特な魅力のある観光地です。
日本からも近くて安く旅行へ行けることから、日本人観光客にも人気のエリアですね。

さて、香港旅行で気を付けることの1つに「気候」があります。
香港は湿度がとても高い国のため、旅行・滞在中に体調を崩してしまう日本人観光客が多くいます

香港にある病院の医療技術は高いので体調が悪くなった時も安心して治療を受けられますが、治療費が安めの公立病院は非常に待ち時間が長いため、日本人観光客などの旅行者は待ち時間の少ない私立病院を利用することになります。
私立病院では治療費用が高額になるため、海外旅行保険で備える必要があります

基本的に海外で医療機関にかかると、日本と違って健康保険が効かないので治療費用はかなり高額になります。
クレジットカードに海外旅行保険がオマケレベルで付帯していることもありますが、カード付帯保険は医療費保障の金額が低すぎるため、手術・入院にかかった費用を支払えなくなったケースも実際にあります。

治療救援費用の補償が最低でも1000万円ある海外旅行保険に加入しておくと良いでしょう。

主要各社の海外旅行保険の価格・特長比較

3泊4日の香港旅行を想定し、人気4社の海外旅行保険を分析します。
「治療・救援費用補償は最低でも1000万円は必要」と考え、治療・救援費用補償が1000万円プランを比較しています。

【香港旅行3泊4日の場合】
保険会社名 保険料
(価格)
特長 項目別評価
損保ジャパン日本興亜
「新・海外旅行保険off!」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

1,590円(PAプラン) オリコン日本顧客満足度ランキング5年連続第1位を獲得していたり、海外旅行保険ランキングでも第1位となるなど圧倒的な人気のある保険です。

保険料がかなり安いうえに、必要な補償だけに絞って加入するフリープランがあったり、海外旅行保険の第一候補とも言える保険です。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
クレジットカードのみ
三井住友海上火災保険
「ネットde保険@とらべる」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

1,570円(タイプA) 国内大手の保険会社として安くて充実した補償を提供する三井住友海上。

通常は補償対象外となる「歯科治療」に関しても補償されるのが特長。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
クレジットカードのみ
AIG保険会社
(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

4,000円シンプルプラン アメリカを中心に世界各国の医療機関と提携をしているAIG。

インターネット加入タイプの海外旅行は保険料が高めだが、保険期間が31日までであれば持病があっても加入できて、さらに持病まで補償されるので安心。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
・クレジットカード
・コンビニ払い
・Pay-easy払い
※クレカ以外は出発前日までに支払い
ジェイアイ傷害火災保険
「tabiho(たびほ)」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

1,420円(節約プラン) 大手旅行会社JTBグループのジェイアイ傷害火災保険は業界随一の保険料の安さが魅力。

携帯キャリア決済を導入しており、クレジットカードを持たない学生さんも気軽に加入することができる。

持病があっても加入できるが、持病の補償は対象外なので要注意。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
・クレジットカード
・携帯(スマホ)キャリア決済(docomo、au、SoftBank、Y!mobile)

料金(保険料)は各保険会社のHPからの抜粋です

香港で起きた治療費用の事例

実際に現地病院への通院・入院でかかった費用事例を紹介します。
入院や治療費用が高くなるのはもちろんのこと、外来治療だけでも4万円以上かかります。

飛行機内で体調を崩し、3日入院と医療搬送で約540万円

往路の飛行機内で気分の悪さと発熱を訴え、到着後に受診。
肺炎と診断され3日間入院し、現地に家族が駆けつける。その後、医師が付き添いの元、チャーター機で医療搬送された。

化膿性脊椎炎で19日入院し約340万円の入院費用

首の痛みで発熱、脱力を訴え受診。
化膿性脊椎炎、硬膜外腫瘍、肺炎と診断され19日間入院した。

捻挫の診察で約4万5000円の診察料金

ホテルの階段で足を踏み外し、病院を受診。
捻挫と診断されて、診察料金45,000円がかかった。

鼻のポリープで約104万円

鼻炎がひどかったため病院を受診したところ、診察でポリープが見つかり、入院・手術を行った。

出典:ジェイアイ傷害火災保険株式会社 海外旅行保険事故データ(2014年度~2017年度)

香港の治療費用の相場

日本と香港の入院や手術、治療費用の相場比較です。
ただ日本の治療費は健康保険適用前の金額ですので、実際の負担はこの金額の3割以下で済みます。

日本の医療費目安 香港の治療費相場
個室使用料 3~4万円 / 日 31,800~115,300円
ICU使用料 約10万円 / 日 48,200~72,300円
盲腸手術(入院平均2~3日) ①600,000円
②4日間
405,800円
日本への医療搬送費用 - 2,990,400円
(定期便利用、医師・看護師各1名付き添い)

※参照:東京海上日動火災「世界の医療と安全2014年」

香港の治安、衛生について

香港の治安は概ね良好ですが、日本人を狙ったスリや置き引きが多く発生しており、外務省では香港旅行者に注意を促しています

治安状況は、犯罪発生率でみる限り良好と言えますが,日本人がスリや置き引きの被害に遭い,旅券(パスポート)などの所持品を盗まれるケースが多く報告されています。

また衛生面では、水質も先進国並みですが、2015年に水道管の結合部分から鉛が流出し水道水に混入する事故が起きています。
念のため飲料水は浄水器を通したものか、購入したミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

また、香港は湿度が高いため、食べ物が非常に腐りやすいので食中毒にはご注意ください

そのほかに香港旅行で気をつけることと

香港は1997年に中国へ返還されたものの、2047年まで特別行政区として自治権を持っています。
しかし、中国政府は香港の早期中国化を目指しており、その中国化に反対する市民がデモを起こすこともあります。
特に、香港が中国に返還された7/1には大規模なデモが行われるため、その時期に訪れる方は気をつけてください。

また、香港では定期的に鳥インフルエンザが流行しており、人への感染も報告されています。
念のため、渡航前には「在香港日本国総領事館のHP」等で鳥インフルエンザの情報も確認しましょう。

最後にこの記事のまとめ

  • ・香港は気温・湿度が高く、体調を崩しやすい。
  • 海外旅行保険には必ず加入しておくこと
  • ・旅行者が行く私立病院は医療費が高額なので、保険の治療救援費用は最低1000万円必要。
  • ・治安は良いが、日本人はスリや置き引きに狙われやすい。
  • ・時期によってはデモに注意。

よく読まれている海外旅行保険コラム

海外旅行保険の評価・口コミ投稿一覧

評判No.1

人気の理由は保険料の安さと高いサービス力

損保ジャパン日本興亜の
「新・海外旅行保険off!」

保険料 ★★★★★
サポート力 ★★★★☆
クチコミ ★★★★☆
人気度 ★★★★★

国内大手保険会社の損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険。 窓口で加入するよりもネットでダイレクトで加入したほうが30%ほど安く加入することができる。

続きはこちら

評判No.1

手厚い補償と高いサービス力を提供

チャブ保険の海外旅行保険

保険料 ★★★★☆
サポート力 ★★★★★
クチコミ ★★★☆☆
人気度 ★★★★☆

外資系大手の保険会社で治療費用無制限プランなど手厚い保障を受けたい方向け。旅行会社からの評価が高く、ここのセットプランに入っておけば補償は十分。

続きはこちら

評判No.3

事故対応力やサービス力はNo1の評価

AIG保険会社 海外旅行保険

保険料 ★★★☆☆
サポート力 ★★★★★
クチコミ ★★★★☆
人気度 ★★★★☆

外資系大手のAIG保険会社(旧AIU保険会社)。海外での事故対応力やサポート力には定評があるり、当サイトの調査でも満足度は一番の評価だった。

続きはこちら

海外旅行保険一覧ページへ