イタリア旅行で知っておくべき海外旅行保険の選び方

イタリア旅行で知っておくべき海外旅行保険の選び方
(写真は、ピサの斜塔とドゥオーモ )

医療費の高いイタリア。保険の手当は万全に。

世界遺産の数が世界一で、食べ物が日本人の口に合うなどの理由で、ヨーロッパの中でも特に人気があるイタリアですが、病院で治療を受けるときの医療費はかなり高額です

比較的、費用の安い公立病院は
・待ち時間が長い(数日になる可能性も有り)
・清潔感に欠く
・利用言語は原則全てイタリア語
ということもあり、外国人旅行者は私立病院を使うケースがほとんどです。

そのため医療費は、日本と比べてかなり高額となります。
海外旅行保険の治療・費用の補償額は最低でも1000万円以上あるものを選ぶと良いでしょう

スリ・盗難対策に携行品保障は必須!

私はヨーロッパは15カ国以上行っていますが、イタリアはヨーロッパの中でも一番治安が良くないといっても過言ではありません

スリやひったくりが横行しており盗難のリスクがとても高いです。
購入したブランド品を持って歩いていたら突然後ろからひったくりされた、というケースもあります。

また、イタリアには北部から南部までたくさんの有名観光地が点在しています。
定番のローマやベネチアだけでなくアマルフィなど魅力的な観光地も多いため、長期で行かれる方も多いですね。

鉄道ではなく飛行機を使って移動することが多くあることから、ロストバゲージの可能性も高くなります。

そのため荷物が無くなった時のために、海外旅行保険では携行品保障が手厚いプランを選ぶようにしましょう

主要各社の海外旅行保険の価格・特長比較

5泊6日のイタリア旅行を想定し、人気4社の海外旅行保険を分析します。
さきほど書いたようにイタリアの治療費用は高いので「治療・救援費用補償は最低でも1000万円は必要」と考え、治療・救援費用補償が1000万円プランを比較しています。

【イタリア旅行5泊6日の場合】
保険会社名 保険料
(価格)
特長 項目別評価
損保ジャパン日本興亜
「新・海外旅行保険off!」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

2,570円(PAプラン) オリコン日本顧客満足度ランキング5年連続第1位を獲得していたり、海外旅行保険ランキングでも第1位となるなど圧倒的な人気のある保険です。

保険料がかなり安いうえに、必要な補償だけに絞って加入するフリープランがあったり、海外旅行保険の第一候補とも言える保険です。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
クレジットカードのみ
三井住友海上火災保険
「ネットde保険@とらべる」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

2,360円(タイプA) 国内大手の保険会社として安くて充実した補償を提供する三井住友海上。

通常は補償対象外となる「歯科治療」に関しても補償されるのが特長。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
クレジットカードのみ
AIG保険会社
(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

5,680円シンプルプラン アメリカを中心に世界各国の医療機関と提携をしているAIG。

インターネット加入タイプの海外旅行は保険料が高めだが、保険期間が31日までであれば持病があっても加入できて、さらに持病まで補償されるので安心。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
・クレジットカード
・コンビニ払い
・Pay-easy払い
※クレカ以外は出発前日までに支払い
ジェイアイ傷害火災保険
「tabiho(たびほ)」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

2,400円(節約プラン) 大手旅行会社JTBグループのジェイアイ傷害火災保険は業界随一の保険料の安さが魅力。

携帯キャリア決済を導入しており、クレジットカードを持たない学生さんも気軽に加入することができる。

持病があっても加入できるが、持病の補償は対象外なので要注意。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
・クレジットカード
・携帯(スマホ)キャリア決済(docomo、au、SoftBank、Y!mobile)

料金(保険料)は各保険会社のHPからの抜粋です

実際にイタリアでかかった治療費用の事例

次に実際に起きた通院・入院にかかった費用事例を紹介します。

ウィルス性心筋炎で21日間入院し、1000万円の治療費

ウィルス性心筋炎と診断されて21日間入院した。
救援者として家族が駆けつける。
医師・看護師が付き添い、医療搬送された。

転倒して骨折し19日の入院と手術。820万円の治療費がかかった

ホテル内で転倒して大腿骨頸部骨折と診断され19日間入院・手術。
家族が駆けつける。
看護師が付き添い医療搬送された。

肺塞栓症を起こし、300万円の入院費がかかった。

往路機内で意識を失って到着後に搬送され、肺塞栓症と診断され入院。
家族が駆けつけ、医師が付き添いで医療搬送された。

イタリアの医療費用の相場

イタリアの治療費の相場は下記の通りになります。

日本の医療費目安 イタリアの医療費目安(私立病院)
初診料 2,820円 25,200円~28,700円
病室使用料(平均) 個室:3~4万円 / 日
ICU:約10万円 / 日
個室:69,900円~119,500円 / 日
ICU:419,700円 / 日
盲腸手術 約400,000円
(10割負担の場合)
約531,900円
(手術代、病室代込み、入院2日)
日本への医療搬送費用 - 定期便:250万円
チャーター便:約2,000万円

※参照:ジェイアイ傷害火災保険株式会社「海外の医療事情」より

イタリアの治安、衛生事情について

ローマ、ミラノなどの中心地の駅付近は特に治安が悪いです。
ホームレスや物乞いも多く雰囲気も悪いため、夜遅くに出歩くことは控えましょう。

衛生状況は、基本的に問題ありませんが水道水は日本とは異なり石灰分が多い硬水ですから、体調が不安な人はミネラルウォーターを選ぶのが無難です。

イタリア旅行で注意すること

体調管理は日本にいる時以上に気をつける

イタリアでは、どの都市も徒歩移動が基本です。そのため、疲れがとても貯まりやすい国です。

町歩きをする際はこまめに休んだり、夜は早く帰宅するなどと、体調を崩さないようにスケジュール管理に気を付けましょう。

集団でのスリに気をつける

イタリアのスリでの特徴は、「グループによる犯行」です。

気を引くグループとその隙を狙ってスリを行うグループに分かれて犯行を行う、「集団でのスリ」が多いのです。
大人だけでなく子供のみの集団スリのケースも多数あります。

状況でいうとスーツケースを運んでいる時や、場所でいうと地下鉄・人が多い有名観光地での犯行が多いため、特に注意すると良いです。

最後にこの記事のまとめ

  • 海外旅行保険には必ず加入する
  • ・医療費用補償は最低でも1000万円(出来れば無制限補償が望ましい)。
  • ・観光客を狙ったスリやひったくりが多い国なので要注意。
  • ・盗難やひったくり、ロストバゲージに備える携行品保障が手厚い保険を選ぶ。

よく読まれている海外旅行保険コラム

海外旅行保険の評価・口コミ投稿一覧

評判No.1

人気の理由は保険料の安さと高いサービス力

損保ジャパン日本興亜の
「新・海外旅行保険off!」

保険料 ★★★★★
サポート力 ★★★★☆
クチコミ ★★★★☆
人気度 ★★★★★

国内大手保険会社の損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険。 窓口で加入するよりもネットでダイレクトで加入したほうが30%ほど安く加入することができる。

続きはこちら

評判No.1

手厚い補償と高いサービス力を提供

チャブ保険の海外旅行保険

保険料 ★★★★☆
サポート力 ★★★★★
クチコミ ★★★☆☆
人気度 ★★★★☆

外資系大手の保険会社で治療費用無制限プランなど手厚い保障を受けたい方向け。旅行会社からの評価が高く、ここのセットプランに入っておけば補償は十分。

続きはこちら

評判No.3

事故対応力やサービス力はNo1の評価

AIG保険会社 海外旅行保険

保険料 ★★★☆☆
サポート力 ★★★★★
クチコミ ★★★★☆
人気度 ★★★★☆

外資系大手のAIG保険会社(旧AIU保険会社)。海外での事故対応力やサポート力には定評があるり、当サイトの調査でも満足度は一番の評価だった。

続きはこちら

海外旅行保険一覧ページへ