モルディブに行く方の海外旅行保険の選び方

モルディブ旅行にお勧めの海外旅行保険と、観光の注意点
現在、世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界各地が異例の状況となっています。海外旅行保険における新型コロナウイルスへの補償状況につきましては、以下ページにまとめていますのでご確認ください。
新型肺炎・新コロナウイルスへの海外旅行保険の補償状況

モルディブはきれいな海が広がるリゾート地で、新婚旅行や夫婦旅行で行く日本人も多いですね。

これからモルディブへの旅行を考えている方の中には、海外旅行保険の加入を検討している方も多いでしょう。
海外旅行保険を選ぶヒントは、現地の医療事情を知ることです。

今回の記事では、モルディブの医療事情について簡単に説明します。

モルディブの医療費は欧米に比べると安めですが、医療技術は日本に比べて低いのが現状です。
風邪などの一般的な病気・疾病であれば問題なく対処できますが、重症であったり難易度の高い手術となるとモルディブの病院では対応できず、隣国のシンガポールへ移送することも考えられます。

シンガポールの医療費も決して安くはなく、海外では健康保険が効かないため、もし全額自己負担をするとなるとかなり高額な医療費用を負担することになります

さらに医療費用の他に、シンガポールへの移送費や家族が駆けつける費用を考慮すると、海外旅行保険の医療に対する備え(治療救援費用)は最低でも1000万円は必要 と考えられます。

また、医療機関の受診では英語が話せれば問題ありませんが、英語に自信のない方は通訳サービスのある海外旅行保険に加入することをお勧めします。

主要各社の海外旅行保険の価格・特長比較

4泊5日のモルディブ旅行を想定し、人気4社の海外旅行保険を分析します。
「治療・救援費用補償に1000万円は必要」と考え、治療・救援費用補償が1000万円プランを比較しています。

【モルディブ旅行4泊5日の場合】
保険会社名 保険料
(価格)
特長 項目別評価
損保ジャパン
「新・海外旅行保険off!」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

1,840円(PAプラン) オリコン日本顧客満足度ランキング5年連続第1位を獲得していたり、海外旅行保険ランキングでも第1位となるなど圧倒的な人気のある保険です。

保険料がかなり安いうえに、必要な補償だけに絞って加入するフリープランがあったり、海外旅行保険の第一候補とも言える保険です。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
クレジットカードのみ
三井住友海上火災保険
「ネットde保険@とらべる」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

1,970円(タイプA) 国内大手の保険会社として安くて充実した補償を提供する三井住友海上。

通常は補償対象外となる「歯科治療」に関しても補償されるのが特長。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
クレジットカードのみ
AIG保険会社
(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

4,900円シンプルプラン アメリカを中心に世界各国の医療機関と提携をしているAIG。

インターネット加入タイプの海外旅行は保険料が高めだが、保険期間が31日までであれば持病があっても加入できて、さらに持病まで補償されるので安心。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
・クレジットカード
・コンビニ払い
・Pay-easy払い
※クレカ以外は出発前日までに支払い
ジェイアイ傷害火災保険
「tabiho(たびほ)」

(この保険の口コミ詳細

公式HPはこちら

1,670円(節約プラン) 大手旅行会社JTBグループのジェイアイ傷害火災保険は業界随一の保険料の安さが魅力。

携帯キャリア決済を導入しており、クレジットカードを持たない学生さんも気軽に加入することができる。

持病があっても加入できるが、持病の補償は対象外なので要注意。
価格・安さ:
サービス力:
人気・評判:

【支払方法】
・クレジットカード
・携帯(スマホ)キャリア決済(docomo、au、SoftBank、Y!mobile)

料金(保険料)は各保険会社のHPからの抜粋です

モルディブ旅行で海外旅行保険を利用した人の投稿

【加入した海外旅行保険:AIG損害保険会社
「無事に治療保険金を受け取ることが出来ました」

★★★★ 30代男性/兵庫県在住)
モルディブにハネムーンで旅行しました。
最終日にシュノーケルをしていましたが、ダイビングスーツなしで水着のままだったので思った以上に日焼けをしてしましました。背中が大変ひりひりしていて、日焼け止めも効果なくしばらくは冷やして我慢していました。 家に着くとすぐに病院へ行きましたが、軽いやけどの診断でした。
海外でけがをしたとき、海外旅行保険が使えると聞き加入した保険会社を思い出して、AIG保険会社に電話すると、本当に治療費が保険で賄えるということでした。

保険会社の説明は丁寧で分かりやすく、やりとりもスムーズでした。 治療には5日かかりましたが、かかった全額を還付していただけることになって、本当に保険に入っていてよかったと思いました。

実際にモルディブで起きた事故事例

モルディブ旅行中に事故等に遭い、入院や手術を受けたときにかかった治療費用の実例です。

意識不明でシンガポールに緊急搬送。818万円の治療費がかかった。

スキューバダイビング中に誤って肺に水を吸い込み、意識不明となる。
地元の病院に運ばれて意識は戻ったが、その病院にはICUが無かったため、プライベートジェット機でシンガポールまで緊急移送をした。
入院は6日間で、現地には家族が駆けつけた。

シンガポールの医療費用の相場

モルディブで対処できない場合にはシンガポールへ移送されることが多いため、ここではシンガポールで病院にかかったときの医療費用相場を掲載します。

日本の医療費目安 シンガポールの治療費相場
個室使用料
(1日あたり)
3~4万円 3万円
ICU使用料
(1日あたり)
約10万円 64,800円
救急車の料金 無料 6,100~11,400円
中耳炎手術の治療費 600,000円(4日間) 総費用:1,110,500円~1,676,600円
(平均入院日数2日)

※参照:東京海上日動火災「世界の医療と安全2014年」より

モルディブの治安、衛生について

モルディブの治安は比較的良好です。
日本人を含む外国人観光客が犯罪に巻き込まれたニュースは、あまり耳にしません。 夜間の外出などに気をつければ、安心して旅行を楽しめるでしょう。
ただ、日本より安全な国はないことを忘れず、現地であまりハメを外し過ぎないよう気を付けましょう。

一方で衛生面では、少し注意が必要です。
モルディブは年間を通して高温多湿のため、季節に関わらず食中毒が発生しやすい国です
生物を口にするときは気をつけてください。出来れば火をよく通した物を食べるようにしたほうがよいでしょう。
飲み水については、生水は煮沸して飲むか、ミネラルウォーター購入をお勧めします。

その他にモルディブ旅行で気をつけること

モルディブは1年を通して常に高温多湿の国ということもあってデング熱が定期的に蔓延し、日本人旅行者の感染もよく見られます。 2015年にはデング熱の大流行がありました。
デング熱は蚊に刺されることによって感染しますので、蚊には注意してください。 日本から虫除けを持参するとよいでしょう。

また、モルディブはイスラム教の国です。
リゾート地以外での肌の露出やラマダーン(断食月)の時期に気をつけてくださいね。

最後にこの記事のまとめ

  • ・モルディブの医療技術は高くない。シンガポールへ移送されることもある。
  • 海外旅行保険では最低1000万円の治療費補償をつけるべき
  • ・モルディブの治安は良いが、食中毒への注意やイスラム圏であることを常に意識すること。

よく読まれている海外旅行保険コラム

海外旅行保険の評価・口コミ投稿一覧

評判No.1

人気の理由は保険料の安さと高いサービス力

損保ジャパンの
「新・海外旅行保険off!」

保険料 ★★★★★
サポート力 ★★★★☆
クチコミ ★★★★☆
人気度 ★★★★★

国内大手保険会社の損保ジャパンの海外旅行保険。 窓口で加入するよりもネットでダイレクトで加入したほうが30%ほど安く加入することができる。

続きはこちら

評判No.1

手厚い補償と高いサービス力を提供

チャブ保険の海外旅行保険

保険料 ★★★★☆
サポート力 ★★★★★
クチコミ ★★★☆☆
人気度 ★★★★☆

外資系大手の保険会社で治療費用無制限プランなど手厚い保障を受けたい方向け。旅行会社からの評価が高く、ここのセットプランに入っておけば補償は十分。

続きはこちら

評判No.3

事故対応力やサービス力はNo1の評価

AIG保険会社 海外旅行保険

保険料 ★★★☆☆
サポート力 ★★★★★
クチコミ ★★★★☆
人気度 ★★★★☆

外資系大手のAIG保険会社(旧AIU保険会社)。海外での事故対応力やサポート力には定評があるり、当サイトの調査でも満足度は一番の評価だった。

続きはこちら

海外旅行保険一覧ページへ